会則

 
第1章 総  則
第1条 本会は、GFRG(Glycoform-Focused Reverse Genomics)研究会と称する。
第2条 本会の事務局は、北海道大学次世代ポストゲノム研究センター内に置く。
ただし、第16条に基づき事務を部外委託した場合は、事務局を部外委託先に置くことができる。
   
第 2 章 目  的
第3条 本会は、糖鎖機能を解明し、新しい有効な診断技術及び治療法に展開して行くために、糖鎖の発現動態を解析するための方法論の標準化を図ること及びGFRGの概念の有効性を様々な生体試験を用いて評価して行く事を目的とする。
   
第 3 章 事  業
第4条 本会は、学術講演会、技術情報交流会の開催、刊行物の発行、その他前条の目的を達成するために必要な事業を行う。
   
第 4 章 会  員
第5条 本会に入会しようとするものは、入会届けを提出し、所定の入会手続きを行なわなければならない。また、会長の承認を得なければならない。
第6条 本会の会員は、名誉会員、正会員および賛助会員とする。
第7条 名誉会員、正会員および賛助会員は、本会員種別の権利を行使することができる。
第8条 名誉会員は、本会関連事業に関し特別の功績があるものをいうが、理事会の決議に基づいて推薦することができる。
第9条 会員は、次の各号に該当するとき、本資格を喪失する。
1) 退会するとき
2) 禁治産者および準禁治産者の宣告をされたとき
3) 死亡、失踪宣言、賛助会員の場合はその団体が解散したとき
4) 除 名
第10条 会員は、次の各号に該当するとき、理事会の決議をもって除名されることがある。
1) 特別な理由なく会費を滞納したとき
2) 本会の名誉を汚したとき
3) 本会の義務に反したとき
第11条 本会を退会しようとするものは、退会届けを提出し、所定の手続きを行わなければならない。
   
第 5 章 役  員
第12条 本会の組織は以下のとおりとする。
1) 会 長 1名
2) 副会長 1名
3) 監査役 1名
4) 理事  2名
5) 事務局 1名(理事が兼務可)
6) その他 若干名
第13条 会長は、本会の会務を総理し、本会を代表する。副会長は、会長の補佐を行う。会長および副会長の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
第14条 監査役は、会計監査および理事会の業務執行状況の監査を行う。監査役は、理事会の承認を受ける。監査役の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
第15条 理事は、会長、副会長とともに理事会を組織し、本会の会務を議決する。理事の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
第16条 事務局は、本会の事務を執行する。本事務は理事会の承認を得て、部外委託することができる。
   
第 6 章 会  議
第17条 理事会は、原則として毎年2回会長が召集する。ただし、役員から開催理由を示して理事会の要求があった場合は速やかに臨時理事会を会長は召集しなければならない。理事会の議長は会長とし、理事会、監査結果の報告ならびに諸事項の審議、決定を行う。
理事会は理事の3分の2以上の出席をもって成立し、議決は出席者の過半数を要する。次の各号は、理事会の承認を得なければならない。
1) 事業計画および収支予算
2) 事業報告および収支決算
3) 会則の改正
4) その他重要事項
   
第 7 章 会  計
第18条 本会の事業年度は、4月1日より3月31日までとする。
第19条 本会の運営は、入会金および年会費、寄付金、その他収入により行う。
   
補  則
第20条 理事会の決定事項のうち、会員に必要な事項はホームページ上に掲載し、周知するものとする。
第21条 本会則に必要な細則は、別に定めるものとする。
   
付  則
第22条 本会則は、平成19年7月20日より施行する。
   
改正付則(平成23年2月1日)
この会則の改正は、平成23年2月1日より施行する。
改正付則(平成23年4月21日)
この会則の改正は、平成23年4月21日より施行する。
改正付則(平成23年10月5日)
この会則の改正は、平成23年10月5日より施行する。
改正付則(平成24年2月1日)
この会則の改正は、平成24年2月1日より施行する。
改正付則(平成29年1月27日)
この会則の改正は、平成29年1月27日より施行する。




プライバシーポリシー

GFRG研究会(以下、「当研究会」と記す。)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報保護の活動を当研究会の重要課題として位置づけております。当研究会は、個人情報保護の取組みを真摯に実行することは社会的責務であると認識し、以下の通り個人情報保護方針を定め、周知、徹底を図ります。

1. 個人情報の適切な収集、利用、提供、預託

1) お客様の個人情報の収集にあたっては、本人又は第三者の権利利益を害するおそれがある場合などを除き、本人に対して利用目的を明らかにし、同意を頂いた上で収集します。収集した個人情報はその目的以外に利用せず、利用範囲を限定し、適切に取り扱います。
2) 収集した個人情報は、法令に基づく命令などを除き、あらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。
3) 収集した個人情報を、第三者に預ける(預託する)場合には十分な個人情報保護の水準を備える者を選び、また、契約等によって保護水準を守るよう定めた上で、指導・管理を実施し、適切に取り扱います。

2. 開示、訂正、利用停止等の求めに応じる手続

1) 当研究会が保有する個人情報については、合理的な範囲で速やかに対応いたします。

3. 個人情報の滅失、き損、漏えいおよび不正アクセスなどの予防ならびに是正

1) 当研究会は、お客様の個人情報を厳格に管理し、滅失、き損、漏えいや不正アクセスなどのあらゆる危険性に対して予防策を実施します。適切な個人情報の取扱いと運用に関する具体的ルールを定め、責任者を設けます。

4. 個人情報に関する法令およびその他の規範の遵守

1) 当研究会の役員、事務局員、協働者は、個人情報保護や通信の秘密に関する法令やガイドラインその他の関連規範を遵守します。

5. 個人情報保護方針の継続的改善

1) 当研究会は、社会が要請している個人情報保護が効果的に実施されるよう、個人情報保護方針を継続して改善します。

6. 個人情報の取扱いに関する問い合わせおよび相談窓口

1) 当研究会所定の窓口にて、合理的な範囲で対応いたします。

当研究会は以上の方針を改定することがあります。その場合すべての改定はウェブページで通知いたします。

個人情報のお取り扱いについての公表事項