Home > 研究会について

趣意書

 発生、分化、老化、病態等の様々な生命現象に伴い糖鎖の構造や発現量が変動することが明らかにされています。しかし、遺伝子やタンパク質の発現を網羅的に解析するトランスクリプトームやプロテオミクスの技術がある程度規格化され、疾患の早期発見、診断や治療への応用研究が加速しているのに対し、糖鎖の定性・定量的な発現動態(グライコミクス)を同等のスループットで解析する手法は確立すらされていません。糖鎖の発現解析は個々の研究者 / 機関によって様々な異なる方法論で解析が進められているため、得られる情報も断片的で再現性に関しての議論も困難な状況にあります。糖鎖研究はポストゲノムの重要な課題の一つとして各国で多くの糖鎖関連プロジェクトが推進され、糖鎖の構造解析技術は着実に進展しているものの、生体試料から微量の糖鎖を高速・高収率かつ高精度に精製する戦略が欠落しているのが現状で、血清や組織等の臨床試料を用いて大規模グライコミクスを推進する大きな障害となっています。また、糖鎖構造には一般に高い不均一性が認められ、同一のタンパク質の同一の結合部位においてさえ糖鎖構造はしばしば異なります。さらに、糖鎖構造はそれを生産する細胞における糖鎖合成遺伝子群の発現プロファイルに応じても大きく変動するため、個々の細胞・組織に存在する複合糖質の糖鎖付加情報を網羅的に取り扱うことは現状の技術では不可能であり、またその重要性も現時点では不明瞭な状況です。

 糖鎖の機能を解明し、新しい有効な診断技術や治療法に展開していくためには、規格化された糖鎖の定性的・定量的プロファイル法の開発が最重要課題です。試料の処理速度、感度、精度、確度などの分析解析手法としての能力を十分に評価し、糖鎖の発現動態を解析するための方法論の標準化を図ることを本研究会の目的の1つに掲げます。近年、私どものプロジェクトチーム( JST 先端計測分析技術・機器開発事業「疾患早期診断のための糖鎖自動分析装置開発」)により、ケモセレクティブな糖鎖捕捉反応に基づく生体試料由来の糖鎖の定性・定量的なプロファイル取得を大幅に高速化する技術( Glycoblotting 法)が開発されました。本法は血清等の試料から精製・標識された糖鎖の調製を自動化可能な工程で多試料を並列処理することができます。本法を用いて、同一の試料を異なる研究チームで測定を行い、標準的な方法論としての妥当性を徹底的に精査し、必要に応じて改良を施し、規格化を目指します。

 糖鎖の網羅的な発現動態を定性かつ定量的に取得することができれば、膨大な複合糖質の中でも特に生命現象に意義深い糖鎖を特定することが可能になります。たとえば、疾患等の発症プロセスにおいて発現動態のユニークな糖鎖を新しいマーカー分子( tag )とみなし、この糖鎖を付加する複合糖質のみにフォーカスした合理的なプロテオミクスに展開することができます。本手法でグループ化されるタンパク質群を、他の手法でグループ化することは困難であり、個々のタンパク質をコードする遺伝子の染色体やゲノムや位置情報と併せて、グライコミクス→プロテオミクス→ゲノミクスへと異なる ”-omics” 情報を時間軸を遡って横断的に取得することが期待できます。これが Glycoform-focused reverse genomics (GFRG) の概念であり、本研究会のもう一つの主要な目的は、本概念の有効性を様々な生体試料を用いて、徹底的に評価することにあります。

 以上、 GFRG 研究会設立の趣旨にご賛同いただき、各方面のご理解とご協力をお願い申し上げます。

平成 18 年 9 月吉日
「GFRG 研究会」設立発起人代表
西村 紳一郎